2017年05月09日

メガネの基礎知識その1 フレームの素材編

創業122周年
メガネ・補聴器のセイビドー 依田です


今回は有資格者ブログという事で

何を書こうかなぁ〜〜(´・ω・`)
と過去の記事を見ながら考えていましたら



意外と基本的なことの記事がないなぁと思いましたので、
依田はしばらくメガネの基礎知識的なことを書いていこうと思います




記念すべき1回目




メガネの基礎知識その@ メガネフレームの素材編
ハイ、拍手(/・ω・)/パチパチ





では張り切ってまいりましょう!!









メタル系フレーム

・ニッケル合金
昔からメタルフレームの素材として広く使われています
軽い素材代表のチタンなどに比べると比重が重いですが、加工がしやすいという利点もありますが、金属アレルギーのある方にはあまりオススメしない素材でもあります



・チタン
耐久・耐食性に優れ比重も軽く、メタル系素材の主流といってもいいでしょう
純チタン・βチタン・ゴムメタルなど色々な種類があります









プラスチック系フレーム

・セルロイド
昔のプラスチック系フレーム素材の代表格
現在はこの後に出てくる「アセテート」が主流となりますが、このころの名残りで
今でもプラスチックフレームの事を「セル枠」と呼びます
艶が良く、色が綺麗で歪んだりしにくく、燃えやすいという特徴があります



・アセテート
現在のプラスチックフレームの主流になっています
比重がセルロイドに比べて少し軽く、小ロットでの生産が可能なため
様々な色のバリエーションを持つことが可能です



・TR
医療用器具にも使われている素材で、比重もとても軽くアレルギーなども起こしにくい素材です




特殊系素材

・金
18K・14K・12Kで使われます
壊れにくくアレルギーも起こしにくいですが
重いという特徴があります



・べっ甲
ウミガメの一種のタイマイの甲羅が原料になり、1枚1枚貼り合わせながら作られる
高級素材の代表格ですが、現在はワシントン条約により取引等が禁止されています







という具合にざっと説明していきましたが、
この他にもたくさんの種類の素材があります




新しいメガネをご購入するときには、このメガネは何の素材で出来ているのか??
という目線で見てみると、いつもと違ったメガネ選びの楽しみ方が出来るかもしれません



では、メガネの基礎知識その1 フレームの素材編はここまで




その2があるかは分かりませんが、
その時はまたお会いしましょう(=゚ω゚)ノ
posted by セイビドープロフェッショナル at 16:09| 山梨 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月16日

ゲームは楽しいが疲れるの巻

創業122周年 メガネ補聴器の専門店 河口湖店 
外川です

気がづけば春・・・

日々過ぎるのを早く感じる年頃です(笑)

私ごとですが、とうとうこの前禁断のゲーム機 「3DS」を息子へ購入しました
20170416_090914.jpg

私は全くゲームはしないのですが、ちょっと試しにやってみました

しかし・・・・・
画面を見ているうちに気持ち悪くなってきてしまいました

なぜでしょう・・・??
その理由は・・・・

まず、右目と左目は離れた位置についていますよね!
これによって見る角度がずれて左右で違った見え方となります

真ん中の黒い棒の位置に注目して見てください

20170416_102826.jpg
こちらは右目で見ている画像です。



20170416_102829.jpg
こちらは左で見ている画像です。

比べてみると真ん中の黒い棒がずれているのがわかりますね!
これを「視差-しさ」と言います。
右目と左目の見え方が違うので立体に見えるのです

3DSはその視差を利用して特殊の膜を使って立体に見せています
※右目と左目の映像が用意されていて、それが一つの画像にストライプの様に交互に並んでいるイメージです

ただ右目と左目が微妙に違うものを見ていて、それを脳で合成して立体として
認識しています。それはとても負担となる作業ですので、目が疲れやすかったり、私のように気持ち悪く
なってしまうんでね

でもゲーム大好きなお子さんは多いはずです

長時間のゲームのやりすぎはよくありません
休憩を入れたり、時間を決めたりして、目を休ませてあげてください

ゲームと楽しく付き合っていきましょう

posted by セイビドープロフェッショナル at 11:28| 山梨 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月25日

40歳からおすすめの近用サポートレンズ

創業122周年 メガネ・補聴器の専門店 双葉店 鈴木です。

40歳をすぎメガネの加工、パソコン作業など、近くの細かい作業する事の多いメガネ店で、最近近くで目の疲れを感じる事がおおくなってきました。

目の知識がある分、自分の目の力の衰えも判り。悲しいことに老眼が始まってきたと感じる様になりました。

多くに方は近くが見にくくなってきたと感じるが我慢している方が多くみえると思います。
そんな疲れを感じている方にあなたにおすすめのパンフレット
「40歳から知っておきたい目とメガネの話」があります。
(東海光学株式作成)

40代 パンフ3 - コピー-1.jpg

このパンフレットの中には
年齢と共にピントが合わなくなる原因、調節力の低下のお話しや、自分で簡単に調節力検査が出来る視力チェックの方法が書いてあります。

東海 40歳パンフ-1.jpg

近くの合わなくなった方に使用距離にあった目的別おすすめレンズの事も判りやすく書いてあります。

東海 40歳 パンフ2-1.jpg


近くが見にくくなった私が近くをサポートしてくれるメガネを作りました。
40歳で近くが疲れやすくなったと感じる方におすすめのレンズです。
興味のある方はこちらをクリックして下さい。
「東海光学 近用サポートレンズ リラクサス」



ラザウォーク店に来ていただければ実際にこのパンフレットを無料でお渡しさせて頂きます。
ご希望の方のは近くの視力チェック、調節力の検査
近用サポートレンズ、遠近両用レンズの試し掛けも無料で実施しています。
パソコン作業で疲れを感じてる方は気軽に相談して下さい。
おまちしています。

posted by セイビドープロフェッショナル at 14:54| 山梨 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月03日

セイコーフロンティア

みなさま、大変ご無沙汰しております。
メガネのセイビドー商品部所属の、森澤(美)です



今、あらゆる年代や場面において、
パソコンやタブレット、スマートフォンなどのデジタル機器は
切っても切り離せないものとなっています。



そんな中で、
『ブルーカットレンズ』
という言葉を耳にした方も多いと思います。



どんなレンズか簡単に言いますと、
まぶしさやちらつきの原因となる高エネルギーの青色光を
網膜まで到達するのを軽減してくれるレンズ




近頃は、メディアでも紫外線と青色光の影響が騒がれています

影響.jpg



みなさまの中にも
既にブルーカットレンズを使用されている方も
多いのではないでしょうか



でも、初めて使用されたかたは必ず驚くのが、
青い反射光


反射光.jpg



ブルーカットのレンズに興味はあっても、
この青い反射光のせいで、
諦めてしまったお客様もいます・・・





そんな方に朗報が・・・



セイコーアイウェアから『セイコーフロンティア』が誕生しました



これは何かと言うと、
青色光を反射”してカットするのではなく、
吸収”してカットする、新素材



これにより、
従来のグリーンの反射光まま、
青色光を軽減してくれるんです

比較.jpg



この『セイコーフロンティア』は、
紫外線を100%吸収してカット

420nmの高エネルギー波長の青色光を
約80%吸収してカット

目にやさしく、見た目も美しいレンズです



ブルーカットレンズを諦めてしまった方、
ぜひ『セイコーフロンティア』をお試しください
きっとご満足いただけると思います



セイコーレンズ屈折率1.67&1.60の
ほとんどのレンズに対応可能
1組プラス\4,000(税抜き)となります。




メガネのセイビドーホームページはこちらです♪
メガネのセイビドーFacebookはこちらです☆彡
みなさまの「イイネ」お待ちしています!
posted by セイビドープロフェッショナル at 13:28| 山梨 ☔| Comment(0) | 眼鏡レンズ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月02日

現代病の1つとして

山梨で創業122周年
メガネ・補聴器のセイビドー 認定眼鏡士SS 石原です

今回は少し眼について話をしたいと思います

まず初めにタイトルにあります現代病ですが

「スマホ老眼」

近年よく耳にする話題ですね

簡単に老眼とは
年齢を重ねるごとに手元のピント調節機能が衰えて
近くの物が見えにくくなる症状のことです
早い方で40代辺りから自覚するのですが
この症状が近年は20代〜30代の方にもみられます

現代におけるスマホは欠かせないツールとなっています
そのスマホの画面を長時間見続けることによっておこる症状です

主な症状として
・遠くは見えるが近くの文字がぼやける
・眼の焦点が合いづらい
・眼の疲れ
・肩こり
・頭痛

上記の肩こりや頭痛は老眼のせいではなく無理して見ようとし眼精疲労からくる症状です

予防対策として
@ 長時間使用しない
A 眼との距離を40p以上
B 眼の周りを温める
C 毛様体筋を鍛える

@とAは意識して頑張りましょう
Bは蒸しタオルなどを使用 やりすぎも良くないので1日1回
Cはピントトレーニング方法です

ピントトレーニング
1. 眼の前の人差し指にピントを合わせ3秒数える
2. 2〜3m先の物に目線を送りピントを合わせ3秒数える
3. 1.2.を交互に10回繰り返す
大事なポイントは近くと遠くを交互に見ることです

現代においてスマホや携帯ゲームやパソコンなどは
必要不可欠なものになりつつあります
しっかり対策をすることで眼を労わってください
ブルーカットコーティングのメガネ使用で効果あります

またスマホ老眼対策レンズとして
東海光学さんより 「コスモスマート@」 があります
ブルーカット標準でレンズに低加入度付きで
近くの物を楽に見ることができるのでおススメです

セイビドー各店で取り扱っていますのでご来店お待ちしています
症状が辛い方は眼科受診もお勧めします

石原でした
posted by セイビドープロフェッショナル at 15:30| 山梨 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする