2018年08月28日

もう一つの見づらさ 〜視野〜


O3n4j8V7eJPGant1535421713.jpg

みなさんどうもこんにちわ
タオパイパイです








失礼しました・・・



改めまして

山梨で創業123周年
メガネ・補聴器のセイビドー sss認定眼鏡士の市川です


唐突な登場でございましたが
今回は視力ではなく、視野についてお話します


多くの方が
視野が狭いとか、もっと広い視野を持て、とか色んな場面で言われたことありますよね?
言葉としてはご存知だと思います。

視野には見える範囲という意味の他に、考え方の幅や広さみたいな意味もありますね
(もちろん、今回は見える範囲の視野についてです)


視野が狭くなってくる病気としては
緑内障や黄斑変性、網膜色素変性症などが有名です
各々の病気で視野の変化に特徴があるのですが
ものすごく難しいので割愛をします



今回は、私が装着しているタオパイパイ変装用メガネ


もとい

こちら
QpOROF2Ag2samSc1535421474.jpg

視野10度の体験用ゴーグルの見え方をご紹介しようと思います。



まずは、健常者が見ている風景がこちら

N9RYqXlM4dZWxJu1535421536.jpg

なんと乱雑なパソコン周りなんでしょう・・・

もう少し整理整頓をしたいものです・・・



視野が10度というと、画面に映っているゴーグルの穴から覗いている感じになります

携帯のカメラで撮影すると
こんな感じ

mTiM3s1ShZupd_B1535421557.jpg

キーボードも打ちづらいですね

実際には両目で見ますから
もう片方の視野の状態によっても違いますし
もう少し広く見えると思います

技術の限界で片方の目で見ている状態という事にさせてください



そうだ!
アレアレ!アレを探してたんだよなぁ〜

どこにあったっけ?


あった!!!

tYBo6XwBy_iY7W71535421603_1535421646.jpg
穴あけパンチ
(´・ω・`)


こんなに極端に視野が狭いとすぐに気が付くと思いますが
視野の変化は緩やかに起こります。
両目で見ていると、片方では欠けている視野をもう片方の目で補ったり
また、欠けている部分に関しても脳が補正をして
周りの風景と同色で埋める為
初期の視野の変化に気が付くのは至難の業です

ph_6.jpg


ご自分で見え方の確認をする時には
是非、片目ずつ確かめてみてください


見え方で何か気になる事があれば
早目の受診をお勧めいたします。


セイビドーのホームページはこちらから

Facebookもやっています

みなさんのいいね!お待ちしております
('◇')ゞ
posted by セイビドープロフェッショナル at 11:36| 山梨 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月23日

今さら聞けないメガネのお話 part1

山梨で愛されて123年💕

メガネ・補聴器のセイビドー 

SS認定眼鏡士 依田です


本日は、有資格者ブログに登場いたしました💡


さて本日はタイトルにもある様に、知っているようで意外とあやふやだったりするメガネのお話。。。






ここ数年メガネはクラシックブーム✨
その中でも定番中の定番

「ウェリントン」「ボストン」




もはや、メガネの用語の中でも一般的になったこの2つですが
いわゆる定義というものを
皆さんはご存知でしょうか??👀








一般的になった今だからこそ  聞くに聞けない

「ウェリントン」と「ボストン」についてお話していきましょう






「ウェリントン」








image2.jpeg





ウエリントンメガネとは
「玉型(リムの形状)が基本的には台形であり、上辺が下辺よりも長い」フロントデザインのもので
腕がフロントの最上部から出ているもの


耳側の縦の線が、下すぼまりではなくて、真っ直ぐ下に降りているものは、ウエリントンではありません






日本人の顔に馴染みやすい形で

色やフレームの太さで

知的💡・愛くるしさ💕・男らしさ など

様々な表情を演出してくれる優れモノ(=゚ω゚)ノ






「ボストン」







image4.jpeg




ボストンメガネとは、玉型(リムの形状)が丸みを帯びた逆三角形で、おむすびが逆になったようなメガネ




写真のようなセルフレームでレトロ感を出したり

メタルフレームで線の細いものは、女の子必見の最強アイテムになります(笑)






セイビドーへ
「ウェリントン」 「ボストン」のメガネに出会いに来てみてはいかがでしょうか



それでは又 お会い致しましょう✨





















・・・・・・・・・・・part2は、何にしようかなぁ(´・ω・)
posted by セイビドープロフェッショナル at 15:14| 山梨 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月11日

眼鏡検診

 創業 123周年 
メガネ 補聴器の専門店 セイビドー  

SS認定眼鏡士の外川です


本日はメガネの使用期間と使用中の注意点について考えてみたいと思います

みなさまどんなタイミングでメガネを買い換えますか?

「見づらくなった」「破損してしまった」「違うデザインのメガネにしたい」など
理由はいくつかあると思います。


では、使用期間はどのくらいでしょうか?

「1年」 「2〜3年」 「5年」  「10年」

使用期間もその方によって違ってきます
上記の理由がなければ・・・・・・破損するまで使用することも可能ですよね


しかし、長くメガネを使用していると、下記でご説明するような症状がでてくる可能があります


まず、メガネのレンズですが、現在メガネのレンズは90%以上が、プラスチックを使用しています
大体ですが、プラスチックレンズの寿命年数は2〜3年と言われています
生活の中で、表面に傷がついたり、またコートがはげたり、60℃以上熱にさらされると、クラックと言って
レンズの内面に細かい線みたなものが出てきます

キズ等が目立ってくると、視界もくもり、見え方に影響が出てきます



次にフレームですが、広がってきたりするとメガネが落ちて鼻眼鏡になってしまったり、落ちないようにと我流で
調整してしまうと、メガネが上がり気味になったり、眼とレンズの距離が広くなってしまったりと、
正しくメガネを掛けられていないことがあります。



下記の症状がありましたら、眼鏡検診をお勧めします


レンズが曇っている

レンズに大きな傷がないのに、見づらい。

遠近両用を作成したが、遠方のみ(テレビ、運転)または近方のみ(新聞、本)しか見えない

メガネが落ちてくる

鼻パットが浮いてる(つぶれている)

フレームを自分で直している



眼鏡の使用期間は個人差はありますが長く使用する際は、見え方(視力)の他にも、レンズの状態(キズ、クラック、コートはげ)、掛け具合(正しい位置で掛けられているか、快適に装用できているか)、使用目的の変化、などに注意することが必要です。


メガネの症状が気になる方は
スタッフまでお気軽にご相談ください














posted by セイビドープロフェッショナル at 12:32| 山梨 ☀| Comment(0) | メガネのお手入れ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月02日

新しい相棒 オートレンズメーターについて

創業123年 メガネ、補聴器の専門店  セイビドーラザウォーク甲斐双葉店 鈴木と申します。


この度は新しく導入したレンズメーターを紹介させて頂きます。
レンズメーターとはお客様のメガネの強さを計ったり、レンズの中心を探したりする時に使用するもので、めがね屋さんにとっては最も重要な機械になります。

通常メガネの加工する際 筒形のレンズメーターを使用していましたが
難しい度数、特殊加工を検視品する時に測定出来なかった所があったので
最新式の新しいレンズメーター導入し加工、検品時に使用しています。


従来のレンズメーター
マニュアル.jpg

一生懸命加工、検品する江田くん

マニュアル2.jpg

従来型は細かく調整する事が出来るのでメガネ加工の時には最適です。


新しいオートレンズメーター 画面表示なので見やすく判りやすいです。
オートレンズメーター 単.jpg


遠近両用メガネの場合 画面の表示も遠近モードに変更します。
オートレンズメーター 累進.jpg


オートレンズメーターは測定結果も一目瞭然 
オートレンズメーター 結果.jpg



最新機械なので紫外線のUVテスターも付いています。
オートレンズメーター UV.jpg


今お使いのメガネの紫外線チェックも無料で実施していますので
お気軽にラザウォークに来て相談してみて下さい。
スタッフ一同お待ちしております。

posted by セイビドープロフェッショナル at 12:57| 山梨 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月08日

近視の人は老眼にならない?



みなさま、こんにちは


山梨で創業年 

メガネ・補聴器のセイビドー
SS認定眼鏡士 森澤(美)です



近視補正用のメガネ(=遠くのものがはっきりとよく見えるメガネ)を掛けられたお客様から、
「メガネを外せば近くが見えるから、老眼じゃない」
と、言われることがたまにあります。



『近視の人は老眼にならない』
『近視の人は老眼になりにくい』
『近視の人は老眼になると、中和されてよく見えるようになる』

などなど、近視の都市伝説みたいなものがありますが、
それは、まったくの誤解です



一般的に『老眼』と言われる老視は、
年齢を重ねるにつれて、ピント合わせをする力が弱くなり、
近くの文字や物が見にくくなることを言います

老視は40代を過ぎたころから始まると言われてますが、
実は子供のころから少しずつ、眼の老化は進んでいます

手元のものを見るときに、
不自然にものを離さないと見えなくなるのが、
30代後半から40代前半に始まるため、
『老眼は40代から』と言われるようになりました。




ではなぜ近視の都市伝説が生まれたのでしょう???



近視の人は、遠くが見にくい分、
近くにあるものはピント合わせをしなくても、
もともとピントが合っているので、よく見えています👀


近視の人が、近視補正用のメガネを掛けた状態で近くのものを見るには、
ピント合わせが必ず必要になるので、
老視の人は、近くのものは見にくく感じるようになります

しかし、メガネを外してしまえば
近くのものは見えてしまうため、
『近視の人は老眼にならない』
という誤解が生まれてしまいました



また遠視の人は、
遠くを見る時も、近くを見る時も、常にピント合わせが必要になるので、
早い段階で老視に気付きます。

一方、近視の人は、
近くのものを見る時にピント合わせをする必要がないため、
老視になったことに気付くのが遅く、
『近視の人は老眼になりにくい』
と誤解を招いてしまったようです



近視の人が、
遠くがよく見えるメガネを掛けた状態で近くのものを見た時に、

なんとなくピントが合わない(ピントが合うまでに時間がかかる)

文字が読みにくい

距離をとってしまう

という症状があらわれたら、
それは老視かもしれません




老視は、専用のメガネを掛けても掛けなくても、
個人差はありものの、65歳くらいまでは進むと言われています。


老視状態をそのまま放っておくと、

眼精疲労

肩こり

頭痛

などの症状があらわれる人もいます



もし老視を自覚してしまったら無理はせず、
できるだけ早い段階で、
手元のピントを楽に合わせてくれるメガネ👓を
お使いになることをお勧めいたします

posted by セイビドープロフェッショナル at 11:14| 山梨 ☀| Comment(0) | 眼に関する知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする