2017年05月17日

レンズの歪みってなんだろう???

こんにちは
山梨で創業122周年
メガネ・補聴器のセイビドー SSS認定眼鏡士の市川です

セイビドーの有資格者ブログでは
メガネに関するあんなことや
補聴器に関するこんなことを
技能士など様々な資格を持つ社員がつらつらと書き連ねるブログとなっております

さて、今回私が書こうとしている事・・・
それは・・・


レンズの歪みってなぁんだろぉぅぅ〜??



お答えしましょう
レンズの歪みとは、専門用語では収差と呼びます。
収差には5つの収差があり
球面収差・コマ収差・非点収差・像面湾曲・歪曲収差
これらの収差は19世紀の研究者 ルートヴィヒ・ザイデルさんが発見したので
ザイデルの5収差と呼ばれています

・・・

・・・・


小難しい事は置いておきましょう
私も難しい事は分かりません

先日ちょうど歪みの正体をバッチリと写真に収めましたので
こちらをご覧ください

KPQd1CXkHJ3OyvS1494986831_1494986953.jpg
こちらの写真のメガネ、度数は左右ともS+2.0という度数です
たまたまですが
向かって左が球面レンズ、右が非球面レンズになっています

なんていうか・・・
左の方が、ぐにゃぁぁぁぁぁってしてるでしょ?

thQBVRNKWW.jpg


これがレンズの歪みの一つ
歪曲収差です
眼とレンズが離れるほど大きくなるので
実際この写真は大げさに撮っているわけですが
非球面レンズの方は歪みが少ないというかほぼ無いように見えますね
メガネ屋さんで非球面レンズの方が歪みが少ないですよと説明されるのは
こういう事ですね

もう一つ
このメガネを違う角度から見ると・・・
YFwWkYaEZSFVWgi1494987017_1494987216.png
お分かりいただけるでしょうか?
随分レンズの形状に違いがありますね
左の球面レンズの方が
レンズが前面に突出してるような感じがします
対して
右の非球面レンズはスッキリとフレームに収まっていますね

形状もまたレンズの設計によって変わってきます

フレームにもカーブが付いているものもございますから
逆に非球面レンズではカーブが合わず、収まりが悪くなってしまい
カーブを指定できる、球面レンズ、または内面非球面レンズを使う事で
綺麗にレンズを収める事が可能になります。
歪みの話とは少しズレてしまいましたが
あまりの左右の見た目の違いについついカメラのシャッターを切ってしまいました


レンズの歪みには他にも遠近両用レンズに見られる歪みなど
レンズのタイプによって違いがございますから
何かの機会にそちらも説明ができればと思っています。
それでは今回は筆を置きましょう・・・


セイビドーのホームページはこちらから

Facebookもやっています

みなさんのイイネ!お待ちしております^^
posted by セイビドープロフェッショナル at 15:07| 山梨 ☁| Comment(0) | 眼鏡レンズ知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月10日

遠近両用メガネなぜ慣れない?

創業121周年 メガネ 補聴器 専門店 セイビドー
認定眼鏡士SS級 外川ですわーい(嬉しい顔)

いよいよ4月に入り、新生活で毎日慌ただしく過ごしている方も
いらっしゃると思います
私も新たな気持ちで頑張ってまいりますグッド(上向き矢印)

ところで
最近は、メガネを新調されるかたが多いですが
よく聞かれるのが遠近両用メガネは「慣れない、」「よく見えない」「ふらつく」
あとは、遠近両用のメガネを使っていることも知らないお客様もいらっしゃいました。画像.jpg

↑は左が従来からの遠近両用 右は最新のゆれのないレンズです。
注目してほしいところは、左のレンズの升目の見え方です
すごくゆがんで見えていますよね。exclamation×2

遠近両用のメガネは、遠方・中間・近方の部屋があり、さらにサイドは焦点の合わない
(写真のようなゆがみがあるところ)部屋があります。

まずは、このことを念頭におきながら使っていかれるといいと思います。
そして、テレビ見るとき、本を読むとき、運転するとき、階段を上り下りするとき
目と自分の姿勢や顔の位置を確認しながらしていただくと
少しずつ慣れて体に馴染んでいくと思います。

遠近両用で悩んでいる方ぜひご相談ください。ぴかぴか(新しい)

セイビドー公式ホームページはこちらです♪
http://www.seibido.com/index.html
posted by セイビドープロフェッショナル at 08:54| Comment(0) | 眼鏡レンズ知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月09日

薄暗い所でもより見やすく!!サポートレンズ ニコンブライトクリアレンズ BTC登場

山梨で創業120周年メガネ・補聴器のセイビドー






認定眼鏡士 大村です・・が
最近話題のノーベル医学・生理学受賞の
大村さんとは
残念ながら全然関係ありません・・





私もノーベルまでは行きませんが
皆様の心のベルを鳴らせるような
響きある仕事をして行きたいと思います




そこで・・
ニコン新コーティングのご案内です





薄暗い所でモノが見づらい・・
何て事
最近ありませんか?



BTC1.png






疲れ目のせいか・・
環境のせいか・・
私はあります






BTC2.png






光に対する目の機能は
ご年齢を重ねると共に
変化します





水晶体の黄変・濁り
水晶体を通り抜け網膜に達する
光の量が減少します







そこで
ブライトクリアコートは
光の感度変化に着目!!






赤色の光に対する感度をサポート
くすんでしまった赤色の見方に
鮮やかさを取り戻す効果が期待できる
コーティングなのです








BTC4.png







『イメージ』







BTC3.png






今、セイビドー各店では
ニコン ブライトクリアコートの
お試しキャンペーン実施中です






各店に体験できる
ツールがありますので
お近くのセイビドーへ

  ↓ 


http://www.seibido.com/shop/index.html 





こんな体験グッズです





BTC5.png






スタッフ一同お待ちしています  
posted by セイビドープロフェッショナル at 14:35| Comment(0) | 眼鏡レンズ知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月12日

アイケアレンズ

メガネ・補聴器の事なら「創業120周年のセイビドー」におまかせ

みなさん、こんばんわ。
セイビドー河口湖店の依田です

今回は東海光学さんから発売されている
アイケアレンズ  ルテインを保護する「ルティーナ」について、ご紹介したいと思います。



その前に皆さん「眼病」と言われて、どんなものが思い当たりますか?
最近ではテレビなどでも色々取り上げられており、詳しいかたもいらっしゃるとは思いますが・・・
ざっと上げて見ると・・・

白内障・緑内障・加齢性黄斑変性などなど
その中でもこの「ルティーナ」は、黄斑変性の予防に効果があるとされています。


眼には「黄斑部」という場所があり、そこに障害が生じると「黄斑変性」という病気になってしまいます。
その「黄斑部」には「ルテイン」という色素があり、「黄斑部」を守る大切な役目があるのですが
様々な要因で減少していってしまいます。
(加齢・喫煙・ストレス・偏食などなど…)

しかしこの「ルティーナ」が施されたレンズを装用すると、「ルテイン」を保護して酸化ストレス軽減し
劣化を抑える働きが得られるそうなのです。

分かりやすく絵にするとこんな感じ
      ↓↓↓
「一般的なレンズを装用した眼」

lutina-img2.gif

「ルティーナを装用し続けた眼」
lutina-img3.gif
*イメージです

あくまでも予防効果が得られるので、、、
すでに「黄斑変性」になってしまった方が治ったり
絶対になりませんとはいえませんが、それでも予防になるのであれば一つの選択肢として覚えておいてもいいかも知れませんね

「ルティーナ」はセイビドー全店で取り扱っておりますので、お気軽にご相談下さい

以上、セイビドー河口湖店 依田 がお送りいたしました
posted by セイビドープロフェッショナル at 18:52| Comment(0) | 眼鏡レンズ知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月19日

今年も早いもので、もう5月・・・

みなさん、こんにちわ
「メガネ・補聴器のことなら創業120周年のセイビドー」
河口湖ショッピングセンターベル店の、依田です

月日が流れるのは早いもので、気が付けばもう5月も終わる頃・・・
河口湖でも、蒸し暑い日が多くなってきました

紫外線量が一番多いのも5月なんて話も聞きますが、みなさん対策はされていますか??



・・・・・・そこのあなた。
今、「また紫外線の話かよ」「もう大体分かるからいいよ」 とか思っちゃったりしませんでしたか?


ふふふふふ
ええ、最初は紫外線の話をこりずにやろうとしましたよ。
そう思い、ネットを色々回っていたら気になるキーワードを見つけたので紹介しようと思います





みなさん、「近赤外線」ってご存知ですか??


ざっくり説明しますと、、、
太陽光の中には紫外線・赤外線・可視光線の3つがあり
赤外線も遠・中・近の3つに分類され、太陽光の50%は近赤外線だと言われているそうです

また紫外線は表層の角質や皮膚に影響を及ぼすのに比べ
近赤外線はさらに深層の筋肉まで届くというじゃありませんか
日焼け止め・サングラスも近赤外線専用でなければ、ほとんど意味をなさないみたいです。。。



何か・・・何か策はないのか
カタカタカタ・・・・・・・(ネットで検索中)










・・・・・・・・・・キタ━━━━ (*゚∀) (∀゚*)━━━━━━!!!!!!!!!!!!







日頃お世話になっているレンズメーカーの「東海光学」さんに、近赤外線をカットできるレンズコーティングを発見しました
その名も・・・・・・・・・「エターナルスキンコート」略して「
(ビームが出てきそうな名前だと思ったのは、内緒です)

この「エターナルスキンコート」は、従来のUVカット+近赤外線を約50%カットできるそうなのです
同様に近赤外線を防ぐ効果のある日焼け止めには、紫外線の予防効果もあるみたいなので・・・

目には「エターナルスキンコート」
日焼け止めには「近赤外線予防効果付き」

この2つで、今年の夏対策はバッチリですね

「エターナルスキンコート」は、セイビドー全店で取り扱っておりますので、気になった方はお気軽にご相談ください





それでは皆様、またどこかでお会いしましょう。

河口湖店 依田 がお送りいたしました
posted by セイビドープロフェッショナル at 11:21| Comment(0) | 眼鏡レンズ知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする