2017年08月22日

生体認証

創業122周年 メガネ補聴器の専門店
セイビドー 河口湖店 
眼鏡認定士 SS 外川です

夏休みということもあり、夜は子供とたくさん映画を見ました!(と言ってテレビの番組です

SF映画、アニメ、アクションやいろんなジャンルが
ありますが
こんな場面見たことありませんか
人物の眼にセンサーみたいなものをあてて認証してドアのロックが解除されるシーン

「すごーい」
と感動していましたが・・・
一体これは何なのでしょう??

これは「生体認証」
といって、「人」は体に共通した組織、細胞を持っていますが、その中でも独自の特徴を持っている
ところがあります。それを活かして、個人でしか持ちえない情報でセキュリティなどの認証を行います。
身近なところだと、銀行のATMにはで「指紋認証」がありますがこれは指の指紋を利用します✋
聞いたり、見たことがありますか?

さて眼はどんなところを認証するのでしょうか?
@eye_blue_flower.png

上記は瞳の様子です。
中心にあるのが瞳孔、その回りを囲うようにあるのは虹彩です。(ブルーに黒い模様がみえるところ)
虹彩は普段、瞳孔の大きさを調節して網膜に入る光を調節する役割を持っています。

この虹彩の濃淡値をヒストグラム(柱状グラフに表したもの)を用いて認証します。

他に眼の網膜の毛細血管を認識させる方法もありますが、眼球の撮影が大変難しく、コストもかかるようです
それに比べて、虹彩での生体認証は簡単で、最近ではスマートフォンのカメラでも認証できるんですって!!

虹彩を使った「生体認証」も、近い将来もっとたくさん普及するかもしれませんね



posted by セイビドープロフェッショナル at 19:24| 山梨 ☁| Comment(0) | 眼に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月20日

進化する医療機器!!

山梨創業121年
メガネ補聴器はセイビドーにお任せ下さい

こんにちは
認定眼鏡士SS級
河口湖店 外川です。

私は週3日は、富士吉田市にある「さいとう眼科クリニック」へ視力検査とメガネのお手伝いをさせて
いただいております。
眼科にはさまざまな眼の検査機器があります。
前にも有資格者ブログにて紹介していますヨ

今回紹介するのは
じゃーん
オプトス写真.jpg

検査機器です。
私たちは「オプトス」と呼んでいます。

先生に聞いたところ
「無散瞳 広域眼底カメラ」
いういうもので ほんらいであれば眼底検査は、瞳の奥がよく見えるように
瞳孔の開く目薬をして行います。
しかしオプトスは目薬なしで、眼底を検査することができます。
患者さんは丸い穴を覗いだけで、すぐに終わります。

散瞳すると、目薬ガ効いている間は見づらかったり、まぶしかったりすることがあります。
オプトスはそんな検査のわずらわしさを取り除いてくれるので、患者様への負担も軽減できます。
時間をかけず、眼底の様子まで診察できることで、眼病の早期発見にもつながります。
医療の発達ってすごいですね





posted by セイビドープロフェッショナル at 18:36| 山梨 ☀| Comment(0) | 眼に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月01日

明けましておめでとうございます。

新年明けましておめでとうございます。
メガネ、補聴器のセイビドー 認定眼鏡士SSの星野です!

皆さまには昨年中は大変お世話になりました、今年は120周年という節目を一つ乗り越えて
2016年も元日より元気に営業しております。

少し早いのですが、セイビドーでは「花粉メガネ」のに入荷が始まりました。
年末には梅の花が咲いたなどのニュースをご覧になった方も多いと思いますが、今年は暖冬?なのか全般的に季節が早い様な気がします。

いち早く時事を先取りし眼の不快感を無くす様に準備しております

1451616952898.jpg

気になる方はお近くのセイビドーにお問い合わせ下さい。
それでは、皆さん今年もセイビドーグループを宜しくお願い致します






posted by セイビドープロフェッショナル at 12:52| Comment(0) | 眼に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月03日

難聴者とのコミュニケーション

セイビドーオリオン通り本店、認定補聴器技能者の五味です。

補聴器の性能と共に、重要なのが周りの人たちの難聴者への接し方です。
接し方の参考にしていただければ幸いです。


補聴器をつけても完璧に聞こえが回復するわけではありません。
゛聞こえの痛み゛を取り除くには、聞きやすい環境を周囲が作ってあげることも大切です。


BGM、新聞紙をめくる音、包装紙や買い物袋を開ける音、台所の水周り音、ドライヤーや掃除機の音、
つけっぱなしのテレビ音声などのある場面では、
聞きたい音声がマスキングされ聞こえなくなります。


難聴者との対話のスキルを向上させることも大事です。


例えば「ソバと鰻、どちらが食べたいですか?」と尋ねる場合、
「ソバのする?」の質問にも「うん」と答え、
「鰻がいい?」と聞いても「うん」と返事が返ってくることがあります。
YESかNOだけで答えが済んでしまうような質問は、その後の対話が続きにくいのです。

「ソバと鰻と、どっちがたべたい?」と問われれば、
「鰻丼にする。しばらく振りだから」と話しが進む余地が生まれるでしょう。
相手の顔を見て、句読点を目安に間を入れ、抑揚を強調すると良いのです。


日本人の話し方は昔に比べ、間をおかず早口になる、
文末の言葉が弱くあいまいな発音になってしまうなど、
難聴者にとって人の話しが聞きにくい世の中になっています。

相手が難聴者だからゆっくり話さなければならないと意識しすぎると、
一音節ごと区切った発音をしてしまいロボットの機械音声のようなメリハリの無い平坦な声になり、
かえって伝わりにくくなってしまいます。


難聴者に分りやすい話し方の要点は、次のことです

@ 細かく区切りすぎず、句読点を目安に間をおいて
A 早口にならず、ゆっくりと自然な抑揚をつけて
B 語尾を曖昧にせず、文末まではっきりと
C 自分の顔を逆光にせず、相手の顔を見て
D 複数の人が同時に話さず、一人ずつ
E 雑音や反響の少ない場所で



コミュニケーションの少しの参考になれば、良いと思います。
ラベル:五味 補聴器
posted by セイビドープロフェッショナル at 18:55| Comment(0) | 眼に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月11日

春の限定企画「新学期・新生活」サポートフェア

山梨で創業120年 メガネ・補聴器のセイビドー 田富店 星野です。

季節も4月になり桜の花も終わりに近づいてますね

入学・卒業と慌しい時期も落ち着きつつありますがセイビドーではそんなお子様を応援する為
「新学期・新生活」サポートフェアを開催しています。

001.JPG

こんなフレームや👓

002.JPG
こんなフレーム

003.JPG
軽量のカワイイフレームなど揃っています


学校検診の時期でもありますのでお子様の視生活が快適になりますように今一度見直しましょう。
スタッフ一同お待ちしております。
ラベル:星野
posted by セイビドープロフェッショナル at 11:30| Comment(0) | 眼に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする