2018年10月13日

斜視と斜位


山梨で愛され続けて123年。



メガネ・補聴器のセイビドー認定眼鏡士の清見です。




すっかり秋めいてきましたね。




日も短くなり秋の夜長、読書などされる方も多いと思います。




私も今年で42歳になるのですが、40歳を越えた頃から徐々に「近く」が見えづらくなってきました。





そろそろリーディング用に眼鏡が必要だと感じています。





所謂「老視」と呼ばれる現象なのですが、それとは別の要因でお近くが見づらい事もあります。




斜視(シャシ)」「斜位(しゃい)」という言葉をご存知でしょうか?




これは右眼と左眼の視線が一か所に合わない事により眼精疲労などを引き起こすものです。





私は眼科で視力検査をさせていただく事が多いのですが、だいたい皆さん多かれ少なかれ「斜位」をお持ちです。




このペンの画像をご覧いただき、ペンを注視してください。






DSC_1455.JPG







こちらの画像を40cmくらいの距離から見て、ご自分の眼を片方ずつ隠してみてください。







ペンの先が動く様であれば、斜位があるかもしれません。





ペンが手の動きと同じ方向に動く方は「外斜位(ガイシャイ)」、手の動きと逆向きに動く方は「内斜位(ナイシャイ)」
がありそうです。




上下や斜めに動く場合は上下の視線のズレも疑われます。





眼鏡で矯正する場合は「プリズムレンズ」というレンズを使用します。





DSC_1454.JPG



こちらの画像、レンズを通した部分だけペンが左側に少しズレているのがお分かりでしょうか。







この様なレンズを使って眼精疲労等を減らす事が出来る場合があります。






眼精疲労でお困りの方はぜひ一度セイビドーで視力検査を受けてみてください。





皆様からの「コメント」「イイね」お待ちしております。





posted by セイビドープロフェッショナル at 13:01| 山梨 ☁| Comment(0) | 眼に関する知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。