2018年08月23日

今さら聞けないメガネのお話 part1

山梨で愛されて123年💕

メガネ・補聴器のセイビドー 

SS認定眼鏡士 依田です


本日は、有資格者ブログに登場いたしました💡


さて本日はタイトルにもある様に、知っているようで意外とあやふやだったりするメガネのお話。。。






ここ数年メガネはクラシックブーム✨
その中でも定番中の定番

「ウェリントン」「ボストン」




もはや、メガネの用語の中でも一般的になったこの2つですが
いわゆる定義というものを
皆さんはご存知でしょうか??👀








一般的になった今だからこそ  聞くに聞けない

「ウェリントン」と「ボストン」についてお話していきましょう






「ウェリントン」








image2.jpeg





ウエリントンメガネとは
「玉型(リムの形状)が基本的には台形であり、上辺が下辺よりも長い」フロントデザインのもので
腕がフロントの最上部から出ているもの


耳側の縦の線が、下すぼまりではなくて、真っ直ぐ下に降りているものは、ウエリントンではありません






日本人の顔に馴染みやすい形で

色やフレームの太さで

知的💡・愛くるしさ💕・男らしさ など

様々な表情を演出してくれる優れモノ(=゚ω゚)ノ






「ボストン」







image4.jpeg




ボストンメガネとは、玉型(リムの形状)が丸みを帯びた逆三角形で、おむすびが逆になったようなメガネ




写真のようなセルフレームでレトロ感を出したり

メタルフレームで線の細いものは、女の子必見の最強アイテムになります(笑)






セイビドーへ
「ウェリントン」 「ボストン」のメガネに出会いに来てみてはいかがでしょうか



それでは又 お会い致しましょう✨





















・・・・・・・・・・・part2は、何にしようかなぁ(´・ω・)
posted by セイビドープロフェッショナル at 15:14| 山梨 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: