2018年06月08日

近視の人は老眼にならない?



みなさま、こんにちは


山梨で創業年 

メガネ・補聴器のセイビドー
SS認定眼鏡士 森澤(美)です



近視補正用のメガネ(=遠くのものがはっきりとよく見えるメガネ)を掛けられたお客様から、
「メガネを外せば近くが見えるから、老眼じゃない」
と、言われることがたまにあります。



『近視の人は老眼にならない』
『近視の人は老眼になりにくい』
『近視の人は老眼になると、中和されてよく見えるようになる』

などなど、近視の都市伝説みたいなものがありますが、
それは、まったくの誤解です



一般的に『老眼』と言われる老視は、
年齢を重ねるにつれて、ピント合わせをする力が弱くなり、
近くの文字や物が見にくくなることを言います

老視は40代を過ぎたころから始まると言われてますが、
実は子供のころから少しずつ、眼の老化は進んでいます

手元のものを見るときに、
不自然にものを離さないと見えなくなるのが、
30代後半から40代前半に始まるため、
『老眼は40代から』と言われるようになりました。




ではなぜ近視の都市伝説が生まれたのでしょう???



近視の人は、遠くが見にくい分、
近くにあるものはピント合わせをしなくても、
もともとピントが合っているので、よく見えています👀


近視の人が、近視補正用のメガネを掛けた状態で近くのものを見るには、
ピント合わせが必ず必要になるので、
老視の人は、近くのものは見にくく感じるようになります

しかし、メガネを外してしまえば
近くのものは見えてしまうため、
『近視の人は老眼にならない』
という誤解が生まれてしまいました



また遠視の人は、
遠くを見る時も、近くを見る時も、常にピント合わせが必要になるので、
早い段階で老視に気付きます。

一方、近視の人は、
近くのものを見る時にピント合わせをする必要がないため、
老視になったことに気付くのが遅く、
『近視の人は老眼になりにくい』
と誤解を招いてしまったようです



近視の人が、
遠くがよく見えるメガネを掛けた状態で近くのものを見た時に、

なんとなくピントが合わない(ピントが合うまでに時間がかかる)

文字が読みにくい

距離をとってしまう

という症状があらわれたら、
それは老視かもしれません




老視は、専用のメガネを掛けても掛けなくても、
個人差はありものの、65歳くらいまでは進むと言われています。


老視状態をそのまま放っておくと、

眼精疲労

肩こり

頭痛

などの症状があらわれる人もいます



もし老視を自覚してしまったら無理はせず、
できるだけ早い段階で、
手元のピントを楽に合わせてくれるメガネ👓を
お使いになることをお勧めいたします

posted by セイビドープロフェッショナル at 11:14| 山梨 ☀| Comment(0) | 眼に関する知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする