2016年07月20日

進化する医療機器!!

山梨創業121年
メガネ補聴器はセイビドーにお任せ下さい

こんにちは
認定眼鏡士SS級
河口湖店 外川です。

私は週3日は、富士吉田市にある「さいとう眼科クリニック」へ視力検査とメガネのお手伝いをさせて
いただいております。
眼科にはさまざまな眼の検査機器があります。
前にも有資格者ブログにて紹介していますヨ

今回紹介するのは
じゃーん
オプトス写真.jpg

検査機器です。
私たちは「オプトス」と呼んでいます。

先生に聞いたところ
「無散瞳 広域眼底カメラ」
いういうもので ほんらいであれば眼底検査は、瞳の奥がよく見えるように
瞳孔の開く目薬をして行います。
しかしオプトスは目薬なしで、眼底を検査することができます。
患者さんは丸い穴を覗いだけで、すぐに終わります。

散瞳すると、目薬ガ効いている間は見づらかったり、まぶしかったりすることがあります。
オプトスはそんな検査のわずらわしさを取り除いてくれるので、患者様への負担も軽減できます。
時間をかけず、眼底の様子まで診察できることで、眼病の早期発見にもつながります。
医療の発達ってすごいですね





posted by セイビドープロフェッショナル at 18:36| 山梨 ☀| Comment(0) | 眼に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月08日

思い出のべっ甲メガネを蘇らせてはいかがでしょうか?

山梨で創業121年
メガネ 補聴器は
セイビドーにお任せください

こんにちは
認定眼鏡士SSS級・認定補聴器技能者
ラザウォーク甲斐双葉店の店長
鈴木です。

いつもセイビドーをご利用いただきまして
ありがとうございます。


今回は10年ほど前にご購入いただきました
べっ甲メガネの磨き作業についてご紹介いたします。
べっ甲は貴重な高級フレームで、今はあまり見なくなりました。

おじいさんが昔使っていたメガネがもしかしたらタンスの中にあるかもしれません。
探してみてくださいね!

べっ甲は古くなってくると、
フレームが白くくすんだ状態になります

磨き前.jpg


磨き前2.jpg

(写真では見ずらいかもしれませんが、白っぽくなっています)

そんなべっ甲を蘇らせるために
表面の汚れをやすりにかけて
くすんだ箇所を取り除きます。


3番.jpg

その後 丁寧に磨き表面を綺麗にしていきます。

5番 (2).jpg

表面を磨き綺麗になった状態がこちらです

5番 (1).jpg

6番.jpg

べっ甲 本来の光沢のある茶色になります。

メガネが新しくなるとイメージが変わりますよね?

状態によっては磨けないことも稀にございますが、
もし、ご自宅にあるべっ甲メガネを磨きたい場合はお気軽にご相談ください。

スタッフ一同お待ちしております。
posted by セイビドープロフェッショナル at 20:12| 山梨 ☁| Comment(0) | メガネのお手入れ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする