2016年04月27日

視力検査でよく見る記号

みなさん、こんにちは

山梨県のメガネ・補聴器の専門店 創業121周年のセイビドー河口湖店の依田です


新生活も始まり、みなさんいかがお過ごしですか?
学生のみなさんがこの時期になると、見る機会が多くなると思われる記号があると思います。
それが、こちら


yjimage.jpg


アルファベットの「C」じゃないですよ・・・



これは「ランドルト環」と言います。
このランドルト環は、世界共通の視力検査記号でもあるのです。

視力の定義としては・・・
視力とは、確認できる最小視角の逆数で表され、1分の視角を確認できる能力を、視力1.0といいます(1分は角度を表され・・・


と難しいことが書いてありますが、
要するに5m離れたところから「高さ約7.5mm 切れ目の幅約1.5mm」のランドルト環が見えれば、
視力が1.0ということです!!
学校の視力検査で言えば、視力「A」ということですね。

知らなくても特はしませんが、知ってたら視力検査が楽しくなったりならなかったり(笑)

またメガネのご購入をお考えのかた、もうすぐGWに入り通常よりも仕上がりにお時間を頂く可能性がありますので、ご注文はお早めに!!

それでは、セイビドー河口湖店 依田 がお送りいたしました。

メガネのセイビドー公式ホームページはこちら♪
http://www.seibido.com/
facebookもやってます!
posted by セイビドープロフェッショナル at 14:21| Comment(0) | 眼に関する知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月10日

遠近両用メガネなぜ慣れない?

創業121周年 メガネ 補聴器 専門店 セイビドー
認定眼鏡士SS級 外川ですわーい(嬉しい顔)

いよいよ4月に入り、新生活で毎日慌ただしく過ごしている方も
いらっしゃると思います
私も新たな気持ちで頑張ってまいりますグッド(上向き矢印)

ところで
最近は、メガネを新調されるかたが多いですが
よく聞かれるのが遠近両用メガネは「慣れない、」「よく見えない」「ふらつく」
あとは、遠近両用のメガネを使っていることも知らないお客様もいらっしゃいました。画像.jpg

↑は左が従来からの遠近両用 右は最新のゆれのないレンズです。
注目してほしいところは、左のレンズの升目の見え方です
すごくゆがんで見えていますよね。exclamation×2

遠近両用のメガネは、遠方・中間・近方の部屋があり、さらにサイドは焦点の合わない
(写真のようなゆがみがあるところ)部屋があります。

まずは、このことを念頭におきながら使っていかれるといいと思います。
そして、テレビ見るとき、本を読むとき、運転するとき、階段を上り下りするとき
目と自分の姿勢や顔の位置を確認しながらしていただくと
少しずつ慣れて体に馴染んでいくと思います。

遠近両用で悩んでいる方ぜひご相談ください。ぴかぴか(新しい)

セイビドー公式ホームページはこちらです♪
http://www.seibido.com/index.html
posted by セイビドープロフェッショナル at 08:54| Comment(0) | 眼鏡レンズ知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする