2016年02月24日

新レンズコーティング あれこれ・・

山梨で創業121周年メガネ・補聴器のセイビドー



認定補聴器技能者 大村です





レンズコーティングってイロイロ
あります



UV400カット、汚れ防止コートにキズ防止コート・・
それ以外にも各レンズメーカーの開発により
より眼に良いコーティングあります




最近では・・






UV400裏面カット




通常正面からのUV400カットですが
レンズ裏面に反射してくるUV400も
カットしてくれる優れもの





イメージはこんな感じ




PUVイメージ.gif






この図を見ると
外へ出るとあらゆる所から
UV400を浴びている事が分かります





表も裏からも・・
なんて発想を実現させた
レンズメーカーはスゴイ






PUV画像.jpg





これでほぼ
完璧UV400対策






皆さんもご承知の
青色光カットあります




良く言われるのが
青色カットのメガネはあるけど
レンズに入れる事が出来るの・・?




安心して下さい
出来るんです




カット率も
メーカーにより表記が違いますが
大手メーカーにおいては大差ないと思います







こんな仕組みでカットしてくれます







青色光カット仕組み.gif







青色光ボヤケ.gif








青色光カットする事で
焦点距離が短くなって
ボヤケ防止にもなります




パソコン・スマホ・TVに信号等
今では身近なLED
寝つきが悪いのもスマホからの青色光が
脳を刺激する為とも言われています






眼の保護にお勧めですね








ニコン独自の
ブライトクリアコート







読んで字のごとく
明るくクリアな視界を
確保するコーティングです







シニアの方は特にお勧め
室内でのデスクワーク、読書、趣味・・
少し暗くないですか




赤色に対する光感度サポートする事で
鮮やかな視界を再現するコーティング





BTCイメージ.jpg







くすんで見える赤色の補正を行い
鮮明にさせる
その為コーティングが少し赤色






でも
鮮明さを追求にするにはグッドです







こんな感じで
補ってくれます






BTCイメージ.jpg






最近セイビドーで
支持を得ている ルティーナ





ルテインを保護する
コーイティングです
ルテインって何・・?みんな知りませんよね
説明しましょう




眼の中にあって、ものを見るのに重要な部分「黄斑部」に存在する色素
「ルテイン」が紫外線などにより損傷することによって加齢黄斑変性等
眼疾患が引き起こされるという報告があります。







そのルテインは、緑黄色野菜、とりわけ、ほうれん草やブロッコリーなど緑色の野菜に多く含まれていますが、食事による摂取以外では、体内で産生することができず、眼の健康のために、紫外線からルテインを保護することが重要視されています。






体内で生産する事が出来ないという事は
食事で摂取するか
体外へ少しでも行かないようにするしか方法ありません






このルティーナは
そのルテインを保護する
レンズなのです






図で説明しましょう






赤いのが光による酸化ストレス
ルテインフィルターでセーブすると
赤が小さくなるのが分かります






lutina-img2[1].gif







ほら・・






lutina-img3[1].gif







ブライトクリアコート、ルティーナ共に
健康をテーマにしたコーティング





最近健康に関するレンズ素材が多くなり
お客様への提案難しいですが
ご説明すると納得されてご利用される方多いです






いろんなレンズコーティング
レンズ素材ありましたが
貴方に合うものをセイビドーでは
提案させて頂きますので気軽にご相談下さい





スタッフ一同お待ちしています  
posted by セイビドープロフェッショナル at 16:21| Comment(2) | 眼鏡レンズ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月16日

老眼やわらぎポータル

こんばんわ
山梨で創業121周年 メガネ・補聴器のセイビドー
SS認定眼鏡士の市川です


先日の春一番の陽気、そしてぶり返す寒さ
みなさん体調崩していませんか?
季節の変わり目、体調管理に気をつけないといけませんね

さて、本日の話題は
『老眼』
です。

老眼とは
近くの物が見づらくなる症状


の事ではなくて
眼のピント合わせの機能が低下する事によって引き起こされる症状です
これって似ているようで、少し違うんです
近視の眼は近くにピントが合っていますから
メガネを外すと近くが見えます👀
だからと言って、その方が老眼ではないというわけではありません(鬼)

残念ですが
年齢を重ねればピント合わせの力は衰えてまいります
そういう意味では、誰しもが老眼になっていくのです(悲哀)

ですから
老眼だからといって
老眼鏡が必要かどうか?というと
結局それは、人それぞれということですね

仕事柄
私は様々な場所で視力検査、メガネの検査をさせていただいております
幸い33歳の私には老眼はまだ縁が遠い言葉
それでも、このような若造が老眼の検査を行うのです
実感もないクセに!

どんなメガネの検査でもそうなのですが
検査は、まずはお客様のお話を聞く事から始まります👂👂👂
お客様が
どんな物を見たがっているのか?
それはどんな距離にあるのか?
どんな事で困っているのか?
どんな事で悩んでいるのか?
それこそネホリハホリお聞きします👂👂👂👂👂👂👂👂👂

早いもので私もセイビドーに入社して10年が経ちました
お客様の近くの見え方のお話も、10年聞き続けてきました
ですから、若造だからと言って
どうせ何も分からないクセに!とおっしゃらないでください

みなさんのご不便を解消するために勉強を重ねております
メガネという道具を通して
お役に立てる事があると思います

今日はそんな老眼の方向けの情報サイトを見つけました
お暇な方は読んでみて下さいね^^
http://yawaragi-portal.com/rogan/category/healing/

あ、このサイトを眺めて
もう見たくない!疲れる!
そう感じた方は、是非ご相談くださいね^^
皆さまのご相談をお待ちしております
posted by セイビドープロフェッショナル at 18:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月08日

眼鏡屋さんの資格

「眼鏡・補聴器のことなら創業121周年のセイビドーにお任せ!!」


皆さんこんにちわ
セイビドー河口湖店の依田です



今日は眼鏡屋さんの資格について少しお話したいと思います

このブログの分類にもなっている有資格者
セイビドーでは、
認定眼鏡士
認定補聴器技能者
この2つを指しますが、今日は「認定眼鏡士」についてお話したいと思います


まず初めに「認定眼鏡士」とは・・・
公益社団法人日本眼鏡技術者協会が実施する検定資格で、メガネ販売に携わる人の専門的な知識や技術レベルを、一般の方にわかりやすくした制度・・・
一言で言うと、こういう感じです


認定眼鏡士にも S SS SSSとランクがあります
各クラス認定試験があり、SSS認定試験を合格し尚且つ実技試験を合格すると「オプトメトリスト」になれます

この資格を獲得するには、
眼鏡専門学校に在籍し、卒業時の認定試験に合格する
通信教育を受講し、実務経験を数年経て認定試験に合格する

などの方法がありますが、
取得したら終わりというわけではなく、3年間の間に更新単位を取得しなければいけなく
セミナーや通信教育等で常に新しい情報や、知識の向上に努めなければいけません!!
この資格はまだ国家資格にはなっていないのですが、
眼鏡購入際に、その店舗に認定眼鏡士が在籍しているのかどうかという点も
お店選びの候補の一つに加えてみてもいいかもしれませんね

では皆様、また会う日まで

セイビドー河口湖店 依田がお送りいたしました
posted by セイビドープロフェッショナル at 16:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする