2018年06月08日

近視の人は老眼にならない?



みなさま、こんにちは


山梨で創業年 

メガネ・補聴器のセイビドー
SS認定眼鏡士 森澤(美)です



近視補正用のメガネ(=遠くのものがはっきりとよく見えるメガネ)を掛けられたお客様から、
「メガネを外せば近くが見えるから、老眼じゃない」
と、言われることがたまにあります。



『近視の人は老眼にならない』
『近視の人は老眼になりにくい』
『近視の人は老眼になると、中和されてよく見えるようになる』

などなど、近視の都市伝説みたいなものがありますが、
それは、まったくの誤解です



一般的に『老眼』と言われる老視は、
年齢を重ねるにつれて、ピント合わせをする力が弱くなり、
近くの文字や物が見にくくなることを言います

老視は40代を過ぎたころから始まると言われてますが、
実は子供のころから少しずつ、眼の老化は進んでいます

手元のものを見るときに、
不自然にものを離さないと見えなくなるのが、
30代後半から40代前半に始まるため、
『老眼は40代から』と言われるようになりました。




ではなぜ近視の都市伝説が生まれたのでしょう???



近視の人は、遠くが見にくい分、
近くにあるものはピント合わせをしなくても、
もともとピントが合っているので、よく見えています👀


近視の人が、近視補正用のメガネを掛けた状態で近くのものを見るには、
ピント合わせが必ず必要になるので、
老視の人は、近くのものは見にくく感じるようになります

しかし、メガネを外してしまえば
近くのものは見えてしまうため、
『近視の人は老眼にならない』
という誤解が生まれてしまいました



また遠視の人は、
遠くを見る時も、近くを見る時も、常にピント合わせが必要になるので、
早い段階で老視に気付きます。

一方、近視の人は、
近くのものを見る時にピント合わせをする必要がないため、
老視になったことに気付くのが遅く、
『近視の人は老眼になりにくい』
と誤解を招いてしまったようです



近視の人が、
遠くがよく見えるメガネを掛けた状態で近くのものを見た時に、

なんとなくピントが合わない(ピントが合うまでに時間がかかる)

文字が読みにくい

距離をとってしまう

という症状があらわれたら、
それは老視かもしれません




老視は、専用のメガネを掛けても掛けなくても、
個人差はありものの、65歳くらいまでは進むと言われています。


老視状態をそのまま放っておくと、

眼精疲労

肩こり

頭痛

などの症状があらわれる人もいます



もし老視を自覚してしまったら無理はせず、
できるだけ早い段階で、
手元のピントを楽に合わせてくれるメガネ👓を
お使いになることをお勧めいたします

posted by セイビドープロフェッショナル at 11:14| 山梨 ☀| Comment(0) | 眼に関する知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月03日

iPad活用術

こんにちは
山梨で創業123年 メガネ・補聴器のセイビドー
認定眼鏡士 SS 石原です


近年iPadは活用で幅広い分野で活躍していると思います
様々なアプリが存在して生活の一部となっています
スマホの普及もあって急速に需要が拡大している中
誰もが楽しめるゲームや企業用アプリや
生活の一助として使用するものもあったりします


そんなアプリをロービジョンの観点からいくつか紹介したいと思います


まずはロービジョンについて簡潔に説明

定義
・ 視機能が弱く矯正もできない状態 従来は弱視
・ 矯正眼鏡を使用しても「視力0.05以上0.3未満」
・ ロービジョンの人口推移は6100万人に及ぶ

視覚障害
 現行の治療手段で改善が期待できない視機能の障害があるために
 長期にわたり日常生活に相当な制限を受ける状態

ロービジョン
 上記視覚障害のうち視覚が活用できるもの
 視力や視野のみにならず羞明や夜盲なども含まれる


ロービジョンの視覚補助具
 手持ち式拡大鏡(ルーペ) 卓上式拡大鏡 弱視眼鏡 単眼鏡
 拡大読書器(卓上型 携帯型) iPad


上記よりiPadについて説明

機能性
目的や状況に応じて使用できる
視覚補助具として 視覚代価機器として 情報補償機器として

魅力
誰しもが使い勝手が良いような「ユーザビリティ」
豊富な機能が標準搭載の「アクセシビリティ」
セキュアで質の高い「アプリ」
高機能の「I/O」が1台に収まっている


ロービジョンオススメアプリ

SmartBrowser 価格 無料
 Webページの日本語文章に振り仮名をつけたり拡大表示したり
 色付けをしたりすることができる 辞書引き機能もある

明るく大きく 価格 無料
 明るく 大きく くっきり 表示することができる 明度反転機能あり

でか文字スコープ(使いやすい拡大鏡) 価格 無料
 文字の上にかざすとカメラレンズを通して大きく見えるようになる

明瞭カメラ 価格 170円
 ピンチングでズーム ローターでコントラストの調整が可能
 カメラアイコンで画面をフリーズし拡大縮小が可能
 ズーム状態の画像をスクロールすることが可能


上記記載したアプリ以外にも多くの便利アプリが存在しますので
気になる方は検索してみてください


今後も便利なツールとして生活の一部になっていくと思いますが
まだまだ使い方がわからない等で疎遠してしまっている方も
いるのが現状です


もちろんメガネや補聴器も生活の一部になるものなので
気になる事がありましたらご相談をお待ちしています


認定眼鏡士 SS 石原でした
posted by セイビドープロフェッショナル at 13:10| 山梨 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月22日

紫外線から眼を守る!!



こんにちは✋
セイビドー本店 認定眼鏡士SSS級の森澤です👀

今回は紫外線のお話をしようと思います🐶

紫外線が目に与える影響は、白内障、翼状片などの原因になると言われています。💥
最近では肌の色にまで影響を与えるなんて話も聞いたことがあります💨

紫外線は太陽から降り注ぐだけでなく地面や建物の壁に当たると反射をします💡
つまり、色々な方向から向かってきます。

しっかりガードして健康を守りたいですね🎵



眼の紫外線対策で真っ先に思い浮かぶのがサングラスですね♠
レンズカラーが濃い方が紫外線をしっかりカットすると思っている方が意外と多いですが紫外線は見えないものなのでレンズカラーの濃淡は関係ありません🎨
それよりも形状のほうが大切です💠
なるべく顔とサングラスの隙間が少ないデザインを選ぶと効果的です✨✨

画像1.JPG

眼鏡用の度付きのレンズでも同じように紫外線をカットすることができます✨✨✨
メガネの場合は度数や見え方の影響を受けるため、サングラスのように顔に沿った形状にするのは難しい場合があります。
しかし、その問題を解決するために複数のレンズメーカーから新しい紫外線カットが発売されています。
それは、「裏面UVカット」です🎵🎵
メーカーによって商品名は性能に差がありますが、しくみは顔とメガネの間から入っきてレンズの裏面に当たった紫外線を吸収します。
これによって従来のレンズでは守れなかった全面以外から向かってくる紫外線からも目を守ることが出来るようになりました🐱

画像2.jpg

ご興味のある方は詳しくご説明させていただきますので ぜひ店頭へお越しください✋

セイビドーHP
セイビドーFacebook
posted by セイビドープロフェッショナル at 16:37| 山梨 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月13日

ミッションインポッシブルの世界

こんにちは
山梨で創業123周年
メガネ・補聴器のセイビドー本店、SS認定眼鏡士の星野です。

さくらも散って やや暑くなって来ました
これからは新緑の良い季節です 日差しも強くなりますね

今日はメガネ型端末のお話です。
そう あの映画 ミッションインポッシブルで見かけたあれです。
更に本日は機能が増して 「HOYA 暗所視支援メガネ WM10」のお話です

この眼鏡「網膜色素変性症」による代表的な症状「夜盲症」対策として発表されました。

このWM10は超高感度カメラの映像をメガネ型スクリーンに内蔵されたシースルーディスプレイに投影し
それを肉眼で見るという物です。
1523497002094.jpg

まだ実物は無いのでこんな感じ カッコイイ

私共がお世話になっている眼科さんで近々導入が決まる様です。
興味のある方はお問合せ下さい。 

posted by セイビドープロフェッショナル at 11:47| 山梨 ☁| Comment(0) | 視覚障害の知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月31日

じんわりと、ゆっくりと。


山梨で愛され続けて123年。



メガネ・補聴器のセイビドー認定眼鏡士SSの清見です。



今日は眼鏡の調整に使う器具をご紹介しますね('ω')ノ



温風機1.jpg

こちら、その名を『温風機』といいます。




その名の通りあたたかい風が出る器械です(笑)



主にメガネの先セル(テンプルの先の樹脂部分)の調整に使います。



温風機2.jpg

樹脂系の素材はあたためると柔らかくなるという特性があるので



『耳の後ろがきつくて痛い』『耳の後ろがゆるくて下がってくる』という時にこちらであたためてから適切に曲げます。



またセルフレームにレンズを組み込んだり、幅を広げたりといろいろな事がコレ一台で出来てしまいます。



けっこうよくご自分でドライヤーであたためてご自分でやるという方がいるのですが・・・



ドライヤーの風だとレンズに風が当たったしまい熱でレンズが傷んだりします。



またドライヤーの熱はかなり高温になる事もあり、表面だけがあたためられて内部が冷えていると、曲げた時に折れてしまったりする事もあります。


ご紹介した『温風機』はゆったり温かい風が出るので、ゆっくりじんわりと内部まであたためられるんです。


特に冬場は気温が低く、フレームがかなり冷えていますので割れる危険が高いです。



あまりに年数が経っているフレームですと、私たちがやっても折れてしまう事もあるんですが・・・




(´;ω;`)ウッ…




その時はどうぞお許しください(*- -)(*_ _)ペコリ




お手数でもお店まで足を運んでくださいね。


メガネ・補聴器のセイビドーホームページはこちらです♪
メガネ・補聴器のセイビドーFacebookはこちらです☆彡
みなさまからのコメント『イイね』お待ちしております
posted by セイビドープロフェッショナル at 09:53| 山梨 ☀| Comment(0) | 眼鏡の道具の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする