2019年02月20日

サングラスの選び方


みなさま、お久しぶりです


認定眼鏡士SS級の森澤(美)です





みなさんは、
こんな情報を耳にしたことがありますか



「サングラスはレンズカラーの濃いものよりも、
 薄いもののほうが目に良い。
 どうしてかというと、
 レンズカラーが濃いと瞳孔が開き気味になってしまい、
 目の内部に紫外線がより多く入ってきて、
 水晶体や網膜にダメージを与えてしまうから・・・」



この情報、
合っているような、
合っていないような・・・



紫外線が長期的に眼内に入った場合、
水晶体や網膜に障害を与えてしまうことは、
間違いではありません


しかし、眩しいからサングラスを掛けるのに、
薄いカラーでは、眩しさは防げない・・・・





そこで、もしサングラス選びで迷ったら、


紫外線をしっかり遮断する加工が施されているレンズを選ぶ


上方や横からの紫外線もカットできるよう、
   レンズの大きいもの、
   目の周りを覆うようなデザインを選ぶ


この二つの条件を満たしているものを選択してみてください




レンズカラーが濃ければ濃いほど、
紫外線をカットするという俗説がありますが、

それは大きな間違いです



最近の眼鏡用レンズのほとんどは、
無色でも紫外線カットが標準装備されています

雑貨店で販売されているようなファッショングラスは、
レンズカラーが濃くても、
完全に紫外線カットされていないレンズも
あったりします



カラーが濃ければ濃いほど、
眩しさは防いでくれるという情報が、
いつの間にか紫外線カットしているという
間違った情報になってしまったようです




レンズカラーが濃いめでも、
紫外線カットがしっかり施されているレンズであれば、
瞳孔(黒目)が開いていても、
目に有害な紫外線は、眼内に届くことはありません





それはレンズの真正面から届く紫外線だけです



紫外線は非常に散乱しやすいため、
私たちが浴びる紫外線の半分以上は、
大気中の粒子で散乱したり、
地面や建物に反射して跳ね返ってきたものなんです



紫外線は正面からだけではなく、
上方・下方・側方・背後のあらゆる方向から
私たちの目に入ってくるということになります



そこでAの条件が不可欠になります


できるだけお顔のカーブに合ったサングラスを掛けて下さい
そうすれば、四方八方から降り注ぐ紫外線を
極力カットしてくれるはずです


さらに裏面UVカットをプラスすると、
怖いものなしです




これは余談ですが、
顔に日焼け止めを塗っていても、
目から入った紫外線によって
日焼けと同じ現象が起こることが実証されています


女性は特に気になるシミ・そばかす❗❗❗
予防のためにも、
お顔同様、
眼の紫外線対策を心掛けてみてください




フレーム選びに迷ったら、
お気軽にご相談ください



ではまた〜




posted by セイビドープロフェッショナル at 16:59| 山梨 ☀| Comment(0) | 眼鏡フレームの知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月10日

冬の眼

山梨で創業124年 メガネ・補聴器のセイビドー
認定眼鏡士 SS 石原です


新年明けましておめでとうございます
本年もご愛嬌よろしくお願い申し上げます


久しぶりの更新になってしまい申し訳ありません


寒さも一段と増してきまして布団から出るのが大変な日々ですね
甲府ではまだ雪が降っていないのが幸いですが


冬は乾燥との戦いでもありますが眼のケアも大事になってきます


主な症状

肌の乾燥と同じように眼も乾燥します
外の空気や暖房の使用などで眼も水分を失ってしまいます
眼の表面が肌荒れのような状態になります
眼の乾きによって疲れの原因にもなります

パソコンやタブレット・スマホなどの使用で
瞬きをする回数が減少すると涙が不足し乾燥します
近年ではデジタル機器の普及で子供にも
症状が出やすくなっています


対策

・ 乾燥しにくい環境を整える

暖房機器の風を直接当たらないように調整
加湿器の使用などで保湿

・ コンタクトレンズの長時間装用を避ける
帰宅後はすぐに外す

・ 適度な休憩
パソコン作業等で1時間に10分程度の休憩
遠方の景色を見たり眼を閉じる
蒸しタオル等で眼を温める

・ 目薬の使用
人工涙液タイプのものがオススメ


上記対策をして冬の眼を乾燥から守りましょう

メガネでも使用目的にあった度数や距離での使用や
ブルーカットコーティングで保護するなどの対策もできますので
気になることがありましたら
眼科受診や店舗スタッフへご相談ください


認定眼鏡士 SS 石原でした
posted by セイビドープロフェッショナル at 11:06| 山梨 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月21日

スマホ老眼について


こんにちは
認定眼鏡士SSS級及び認定補聴器技能者の森澤です


本日は「スマホ老眼」についてお話をさせていただきます



スマホ使用時のように近い距離の物を長く見続けると
「ピントが合わせづらい」、「視界がボヤける」などの症状が出ることがあります
通常の老眼は加齢に伴い症状が出てきますが、スマホ老眼は至近距離を長時間見る事によって起こります
最近では年齢に関係無く子供や若い世代にも増えているようです


対処法としては、スマホや携帯ゲーム機などの使用を控えることが一番です
しかし、スマホの便利さはなかなか手放すことができません。

1.jpg


そこで、眼鏡レンズで対策をしてみてはいかがでしょうか
複数の会社から現代社会の眼の健康を守る為、
スマホ対策レンズが発売されております

2.jpg


お子様から30代の方にはとても効果的なレンズですよ!!
(40代以上の方は遠近両用レンズをお勧めします。)
ブルーライトカットも標準装備です

セイビドー各店で取り扱っております
ご興味のある方はぜひお問合せくださいませ




posted by セイビドープロフェッショナル at 17:48| 山梨 | Comment(0) | 眼鏡レンズ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月19日

出張業務の紹介

皆さんこんにちは😃

山梨で創業123年

メガネ・補聴器のセイビドー 認定眼鏡士SS 星野です。


今日は私の普段の眼科・店舗業務の他  知られざる出張業務の簡単な紹介をします。 


毎月 定期的ではありますがセイビドーでは障害者・老人介護施設への慰問的活動を行っています。


人生の大先輩方のメガネ・補聴器のメンテナンス  時には新規販売までしっかり行っております。
DSC_0014.JPG

こちらはエレガローザ様 DSC_0016.JPG
綺麗ですね。
DSC_0015.JPG
こんな感じで機器をセッティング 一人一人対応しています。
DSC_0020_HORIZON.JPG
こちらは特養の尚古園様。

ほかにも何か所か訪問しています もちろん個人宅までも出張致しますのでご用命の際はお電話下さい。 

posted by セイビドープロフェッショナル at 11:32| 山梨 ☀| Comment(0) | メガネ屋の日々の業務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月13日

斜視と斜位


山梨で愛され続けて123年。



メガネ・補聴器のセイビドー認定眼鏡士の清見です。




すっかり秋めいてきましたね。




日も短くなり秋の夜長、読書などされる方も多いと思います。




私も今年で42歳になるのですが、40歳を越えた頃から徐々に「近く」が見えづらくなってきました。





そろそろリーディング用に眼鏡が必要だと感じています。





所謂「老視」と呼ばれる現象なのですが、それとは別の要因でお近くが見づらい事もあります。




斜視(シャシ)」「斜位(しゃい)」という言葉をご存知でしょうか?




これは右眼と左眼の視線が一か所に合わない事により眼精疲労などを引き起こすものです。





私は眼科で視力検査をさせていただく事が多いのですが、だいたい皆さん多かれ少なかれ「斜位」をお持ちです。




このペンの画像をご覧いただき、ペンを注視してください。






DSC_1455.JPG







こちらの画像を40cmくらいの距離から見て、ご自分の眼を片方ずつ隠してみてください。







ペンの先が動く様であれば、斜位があるかもしれません。





ペンが手の動きと同じ方向に動く方は「外斜位(ガイシャイ)」、手の動きと逆向きに動く方は「内斜位(ナイシャイ)」
がありそうです。




上下や斜めに動く場合は上下の視線のズレも疑われます。





眼鏡で矯正する場合は「プリズムレンズ」というレンズを使用します。





DSC_1454.JPG



こちらの画像、レンズを通した部分だけペンが左側に少しズレているのがお分かりでしょうか。







この様なレンズを使って眼精疲労等を減らす事が出来る場合があります。






眼精疲労でお困りの方はぜひ一度セイビドーで視力検査を受けてみてください。





皆様からの「コメント」「イイね」お待ちしております。



posted by セイビドープロフェッショナル at 13:01| 山梨 ☁| Comment(0) | 眼に関する知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする